So-net無料ブログ作成
17.9% ブログトップ

17.9%   その5 [17.9%]

あれから、数ヶ月・・・

叔父さんは、病室で寝てる時間が多くなっていた。

見舞いに行っても静かに眠っているのが殆どで

顔だけを見て退室する日々。

最期の日が近づいている事を、見舞いに来た誰もが感じているはずだった。


医師の話では、暫くこの状況が続くだろう。と、言う事だった・・・



様態は急変


和也に、連絡が来た時には既に遅く

体を大切に・・・この一言は、結局本人へ伝える事は叶わなかった。


・・・・・


和也の父親は涙を流していた。

和也に取って見たくない場面だった。

和也は、父親と叔父さんは

特に仲が良かったと思って見て無かったのに

泣いている父親を見て、自分が想像していたより

思いが強かったんだと、気付かされる。



病名:肺癌

和也は、入院中の叔父さんに、肺癌は癌の中でも死亡率が高い。

そう聞いていたが、気にも止めてなかったのだが

葬儀の後、和也は肺癌の死亡率を調べてみた。

17.9%

和也の見たデータでは確かに癌の中で、一番死亡率が高い。

でも、和也は思った。

命有るものは、100%亡くなると。

だから今を、もっと大切に

伝えるべき事は、今伝えなければならいと。
コメント(4) 

17.9%   その4 [17.9%]

その後・・・

叔父さんは、入退院を繰り返す日々が続いた。

足が痛い。

足を切断して欲しいと思うほどの痛みにも耐え回復を目指す。

急に痩せたかと思えば、回復し様態は不安定のまま時間だけが流れて行く。

和也は、段々お見舞いに行く回数も減り間が長くなっていた。

お見舞いに行くと叔父さんは、決して辛い顔は見せなかった。

見舞いに来た人へ、辛い顔を見せたく無いからだと和也は思った。



知り合いが以前、入院していた頃

お世話をしてくれていた看護士さんから

「夜、一人に成ると、どうしても涙が溢れて

泣いているんですよ。」

と、聞いたのを思い出していた。



この日、和也は病室を出る時に、「お体、大切に。」

この一言が口に出せず・・・退室した。
コメント(2) 

17.9%   その3 [17.9%]

和也が、叔父さんの病状を聞いたのは

先に帰る叔父さんの乗る車が、出た直後だった。

病名は、肺ガン。

抗ガン剤の副作用で、髪の毛が抜け自分の手で丸刈りにしたそうだ。

和也は、叔父さんとの残された時間を意識し始める。




それから何ヶ月の時が流れた、ある日

電話で、叔父さんが入院した。と知らせが入って来た。

和也は、両親を連れて見舞いに向かう。

病室で横になっていた叔父さんは、思っていたより元気そうで

起きあがり病室では無く、小さな談話スペースへ案内した。

見舞いに来た、和也達に飲み物を出し気遣いする。

入院している患者からの気配りに、申し訳ない気を持ちながらも

ありがたくコーヒーを頂いた。

その日は、天気もよく快晴で景色もよく見えた。

空気の澄んでる時は、遠くの山も綺麗に見える事などを

叔父さんは話してくれた。

そんな会話の中、ポツリと叔父さんはこう言った。






命は、自分で作り上げた物では無い

頂き物だから、逆らう事は出来ない。

頂いた命の長さは、人それぞれで

頂いた分だけ大切に生きるしかないよ。







残された時間が、長く無い事を感じていたに違いない・・・
コメント(0) 

17.9%   その2 [17.9%]

和也は、年に2度挨拶に来るが親戚と顔を会わせる機会は少なかった。

いつもとは、違って賑やかな顔ぶれになったが、出る話は賑やかさに欠けている。

久しぶりに、見た叔父さんの顔に驚きを隠そうとしているものの

きっと表情に出ているだろうと、和也は思いながら話を聞いていた。

しかし、髪の毛が無くなった叔父さんは昔と変わらない笑顔を見せている。

その笑顔を見て、和也は子供の頃を思い出していた。

年が近い事もあって、小さい頃は従兄弟の家に遊びに行く事が多かった。

そんな時、叔父さんは「これ、やってみるか?」

と、当てクジを和也に差し出した。

和也は、やる気満々だったが「でも?本当にやっていいの?」と子供なり気を使って

確認する。

和也は、その当てクジは商売で使う物だと分かっていたからだった。

叔父さんは、「あぁ、やっていいぞ!但し1回だけな!」

和也は、迷いに迷って一つ選びクジを開ける。

結果は「はずれ」

一度やれば、またやりたくなる。

泣きのもう一回を、叔父さんへお願いする。

その時、叔父さんは「しょうがないなー。もう一回だけだぞ!」

笑顔でそう答えてくれた。

和也には、その時の笑顔と今の笑顔が、似ている気がしていた。
コメント(0) 

17.9%   その1 [17.9%]

ある夏のお盆休み。

その年の夏は、涼しく過ごしやすい日々が続いていた。

そんな日に、和也は父方の実家へ御中元を手に向かっている。

その家は、和也に取って、お爺ちゃん、お婆ちゃんが亡くなってしまった今は

叔父さんでも有り、結婚の際にお世話になった仲人の家でもある。

父親と、和也そして、叔父さん・・・三人で飲み交わすのは、お盆とお正月・・・年に二度

決まってこの家だけに成っていた。

いつものように世間話に始まり、孫の話に兄弟の話・・・

そこへ、また一組の親子がやって来る。

和也の従兄弟と、その父親、(和也の父親の弟)だった。

久しぶりに会った従兄弟の顔を見て、思わず和也も笑みがでている。

しかし、その笑みは一瞬だけでむなしく消えた。

その理由は

従兄弟の父親の髪の毛が無くなっていたからだった。

病気で入院していたとは聞いていたものの・・・

一目で、軽い病気では無かった事を、和也は感じた。
コメント(0) 
17.9% ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます